これは名刺というよりは

ご依頼いただいたのは、ホメオパスとしての「名刺」。

その名刺を、ご自身が継続してケアする患者さんに、何か疑問や不安が生じたとき、すぐ質問できるように、連絡先を渡しておきたいのだと。

 

そこからいつものように(笑)

よーくよく話を伺っていくと…

小さな紙片に込めたい想いが、現れてきたように感じました。

 

それは、この連絡先も、ひとつのレメディのように、患者さんに渡したいのではないか?

ということでした。

  

ホメオパシーにたどりつく患者の方々というのは、光・音・においなど…健康であるなら、気にもならない程度の、とても些細な刺激に対して、それはそれは過敏になっているのです。ホメオパスは、そんな症状にピッタリのレメディを処方し、自然治癒力を高めて回復を促します。

 

この名刺も同じように、いつも患者さんの側にあって、ともに治癒を目指す、伴走者のような距離感だと思いました。

  

こうやって想いを掘り出せたとき、やったぞ!と密かに思ってます。その想いを、カタチにして、どうぞって渡せたときは、もう何とも比べものにならないくらい嬉しい✨

 

とにかく、目に対しても刺激にならないように、やさしいタッチと色合いで、レメディの原料となる植物を書き、紙種も真っ白ではなく、ナチュラルなクリーム色を選びました。

(余談ですが、レメディの原料はそのままでは、劇物(むしろ毒)なものが非常に多いのですね)

そして、レメディの粒を連想させる、「つぶつぶ」を手で描き、背景に散らしました。

 

名刺は本日無事、お客様のお手元に届いたようです。

これからこの小さなカードたちが、患者さんたちの安心や癒しになれたらなと願うばかりです✨

 

イラストはベラドンナ、という植物です。

16世紀のイタリアでは、淑女たちがこの植物の実を目に入れる(!)というおかしな流行があったそうです。

何故そんなことをしたのかというと、この実には、瞳孔を広げるという成分が…

瞳孔が開く→瞳が輝く→目力👀✨

目力って大昔から探究されていたのね。