私のビジネスドメインは、コレです

この11月からメビック扇町で開催されている、

独立クリエイターの「超」プロデュース力アップ講座

 

「第2回:クライアントとの出会いで伝えるべき事、引き出すべき課題の本質を見極める!」参加してまいりました。

これは…すごい機会をもらってしまったかもしれません。

https://www.mebic.com/event/7020.html

 

家庭での諸々を引き継いでからの出発で、1時間遅刻…でしたが、レジュメだけでも!と思っていたから、残り90分も受けられて本当ラッキーでした。でも最大のラッキーは、唯一の空席が講師のド真ん前だったということでしょうか。

 

間近で見るエサキヨシノリ先生、背後に「メラメラ」と描き加えたくなる情熱あふれる語り口と(情熱の学校主宰ですものね!)、つぶらな瞳の対比が印象的でした。

 

クリエイターとしての

あなたのビジネスドメインはなんですか?

 

今回のテーマは、クライアントと初めて顔合わせし、話をする中で「伝えるべき事・引き出すべき課題の本質」。わたくし、先祖代々引き継いだマイルドな顔立ちのおかげか「にしはらさんって本当話しやすいな~」という評価を頂けるのですが、たーくさんたーくさんお話しいただいたことを、お客様の課題解決に結びつけるチームもなければ、引き受ける範囲を自分のなりわい・イラスト表現に持って行くことも出来ておらず(涙)

 

なんとかしたい!でもどうしたらいいの!?

この一年は、ずっとそんなもどかしさを感じ続けていました。

 

 

この講座では、ストーリー(ドラマ)仕立てで話されるので、主人公に自分を重ねて↑のもどかしさを解決するヒントを探せます。クリエイターとしての、自分のビジネスドメインをしっかり持って、そこを通じて価値を創る「道すじ」をつけていく、それがクライアントとの出会いで目指したいゴールなのかなと思いました。

 

 

--------------------

ここから下は、とりとめのないつぶやき…

私、開業3年目に入ってようやく著作権を調べ、契約書を用意できました。弁護士の先生にも相談のお時間いただいて、権利とフィーについて自分なりの落としどころを整えてきました。でも、なんでだろう、それをクライアントに伝えるのに、罪悪感がありました。

連想ゲームをしてみると、

著作権、二次使用料には「権利の主張」。

契約書には、「法的拘束力」。

私、未だに全員に嫌われるのが怖くて、自分の創っている価値を、ないがしろにしている…!

そんな自分に、ぞっとするね!コワ!

私にとってのお客様とは、仕事を依頼してくれる人じゃない。自分のイラストを使って、さらなる価値を創ろうと考えている人のことだ。

 

お客様には予算もあるけど、私がそこに合わせるのなら、その理由は何だろう?それも、ビジネスドメインという概念で再考する。私がもっと深くて、本質の部分からお客様の経営課題を解決できるなら、お客様だって会計概念から予算について再考できるはず。

 

さあ、私のビジネスドメインって、ひと言でいうと…?

他人のことはよく見えるけど、自己プロデュースが一番難しいって本当だよ…

 

でも添付のイラストのように、水回りの什器とか、リノベーションとか、はたまた手洗い洗剤とか。その商品・サービスを利用したら、私の暮らしはどうなるの?という表現、幸せの表現には磨きをかけてきましたよ。

 

帰宅してアウトプットにつき合ってくれた(ひたすら話を聞かされた)夫。

みんな同じ壁にぶちあたるんだね~、

順調じゃーん

という返し、神の思考の持ち主なんですね…✨

また頑張ろうっと^^

クリエイターとしてのあなたのビジネスドメインはなんですか?