そこにパイがあったから。

「初めて恋をした日に読む話」の見逃し配信が楽しみで、一週間が頑張れる。

イラストレーターにしはらあやこです。

私は男児の母親でもありますが、竹内涼真さんを見ても「ドライブ」、竜星涼さんを見ても「キョウリュウレッド」…、今をときめくイケメン俳優に対して、仮面ライダーか戦隊シリーズの名前でしか呼べない、そんな残念な変換脳を持った人間です。

 

「トッキュウ4号」ヒカリくん(横浜流星さんです)が、

グリーン(それは担当色な)からピンク(こっちは髪型だよ)に変わっとる!

 

それだけの理由で見始めたドラマでしたが、現在では見逃し配信を待たないくらい、ハマっております。

王道…✨ときめきって、生活に潤いをもたらしてくれますなぁ…

さて第5話では、深キョン演じるヒロイン・順子が中村倫也さん演じる山下くんとお酒を飲んだ翌朝、ハッと気づいたら自宅の自室で一緒のベッドに寝ておった!お互い服は着たままだが、山下くんの手が、服の中に入っとるー!という、ドッキドキのくだりがあるのですが、順子のなぜ?の問いに対して山下くんの答えがこちら。

 

「…そこにパイがあったから」

 

ねぇ聞いた?

中村倫也さんの美しい顔、声とともに、私の中では永久保存されるべき名セリフとして、しかと刻まれました…!

あまりの衝撃に、この記事のテンションはおかしなことになっているんですよ…

 

閑話休題。

私が女性を描いたなら。

柳腰で、しなやかでありながら、たわわなパイの、いわゆる性的魅力に満ち溢れた女性。

こちらは、きっと他の方が描く魅力的な女性像に埋もれてしまうだろう。

でも、母親になって、子どもを抱っこし続けて、重たい荷物も頑張って持ってきて、肩が内へ内へ丸まってしまった女性。

そのまろやかで優しい背中、パイを描かせたら、きっと私は世界で一番なんじゃないかと、今本気で思っています。

 

私はそういう、世の母親でもあり(でも子育てもまだ過渡期で)、妻でもある、そんな女性に対して、

自分のイラスト表現で、あなたは、あなたの日々は、こんなにも愛おしくて、かけがえのないもので、素晴らしい!

という感動を届けたいと思っています。