Personal works

個人制作


ほしを汲む

あやちゃんの絵は、忘れていた記憶を呼び起こしてくれる。

子どもの時に、こだわったり印象深かったりしていたことで、でもいつの間にか忘れてしまっていたことを思い出します。

 

これは、私の姉が手紙に書いてくれた言葉だ。姉に限らず、そう言っていただくことが増えている。

それは、どういうことなんだろう。

 

絵を描く、というのはとても不思議な行為だ。

対象を目の前にして、自分を空っぽにして描いても「自分臭さ」のようなものが付いて回るし、逆に、慣れ親しんだモチーフを描いているのに、自分が無くなってしまうような感覚になることもある。

 

自分の中に無いものは描けない。

だが何かにふれたとき、いきなり、目の前にふうっと浮かぶものがある。

私はそれを描き留める。何かを損なわないように、細心の注意をはらって。

これは一体、何なのだろう。

 

自分の中から取り出した、推敲もしていない言葉で綴るならば。

私はきっと、『森』のきわにいるのだと思う。

 

私たちが毎日目にしている現実が、明確で、迷いのない、正しい世界なのだとしたら、この『森』は、うっそうと草木が生い茂り、得体のしれないものが息づく、深く暗い世界だ。

どうも私はその二つの世界の、『あわい』に立っている感覚がする。

 

そして、自分にとって絵に描くということは、この森の中で、

ほしを汲む

ということをしているのだと思う。

 

 

姉が森にそっと置いていった、ほし。

きっと森の中には、誰かの「ほし」がたくさんあって、それを私はすくい上げて、あったかいタオルでくるむような、冷たい水で汚れを落とすような、何かそういうアプローチをしている。

 

私はほしを素に戻して、再び空に戻し、遠くからでも見えるようにしたい。